環境基準と農用地・水濁法に係わる有害物質の基準値

環境基準値等の項目と基準値



その他の環境基準値等との物質と基準値の一部を比較しました。


表−環境基準値・農用地・水濁法に関与する一部項目と基準値

有害物質の種類

環境基準値

農用地

水質汚濁防止法

土壌

地下水

排水基準

浄化基準

(mg/l)

(mg/l)

(mg/l)

(mg/kg)

(mg/l)

(mg/l)

四塩化炭素

0.002以下
0.002以下
0.002以下
-
0.02以下
0.002以下

ジクロロメタン

0.02以下
0.02以下
0.02以下
-
0.2以下
0.02以下

1,2-ジクロロエタン

0.004以下
0.004以下
0.004以下
-
0.04以下
0.004以下

1,1-ジクロロエチレン

0.1以下
(※3)
0.1以下
0.1以下
-
1以下
(※4)
0.1以下
(※4)

シス-1,2-ジクロロエチレン

-
-
0.04以下
-
0.4以下
-

1,2-ジクロロエチレン

0.04以下
(※12)
0.04以下
-
-
-
0.04以下

1,1,1-トリクロロエタン

1以下
1以下
1以下
-
3以下
1以下

1,1,2-トリクロロエタン

0.006以下
0.006以下
0.006以下
-
0.06以下
0.006以下

トリクロロエチレン

0.03以下
0.01以下
(※5)
0.01以下
(※5)
-
0.1以下
(※6)
0.01以下
(※6)

テトラクロロエチレン

0.01以下
0.01以下
0.01以下
-
0.1以下
0.01以下

1,3-ジクロロプロペン

0.002以下
0.002以下
0.002以下
-
0.02以下
0.002以下

塩化ビニルモノマー

0.002以下
(※7)
0.002以下
-
-
-
0.002以下

ベンゼン

0.01以下
0.01以下
0.01以下
-
0.1以下
0.01以下

カドミウム

0.01以下
0.003以下
(※8)
0.003以下
(※8)
0.4以下(※10)
0.03以下
(※9)
0.003以下
(※9)

六価クロム

0.05以下
0.05以下
0.05以下
-
0.5以下
0.05以下

水銀及びその化合物

水銀が0.0005、
かつアルキル水銀が
検出されないこと
水銀が0.0005、
かつアルキル水銀が
検出されないこと
水銀が0.0005、
かつアルキル水銀が
検出されないこと
-
水銀が0.005、
かつアルキル水銀が
検出されないこと
水銀が0.0005、
かつアルキル水銀が
検出されないこと

0.01以下
0.01以下
0.01以下
-
0.1以下
0.01以下

ヒ素

0.01以下
0.01以下
0.01以下
15以下
0.1以下
0.01以下

シアン

検出されないこと
検出されないこと
検出されないこと
-
1以下
検出されないこと

セレン

0.01以下
0.01以下
0.01以下
-
0.1以下
0.01以下

フッ素

0.8以下
0.8以下
0.8以下
-
8以下
0.8以下

ホウ素

1以下
1以下
1以下
-
10以下
1以下

有機リン

検出されないこと
-
-
-
1以下
検出されないこと

シマジン

0.003以下
0.003以下
0.003以下
-
0.03以下
0.003以下

チウラム

0.006以下
0.006以下
0.006以下
-
0.06以下
0.006以下

チオベンカルブ

0.02以下
0.02以下
0.02以下
-
0.2以下
0.02以下

ポリ塩化ビフェニル(PCB)

検出されないこと
検出されないこと
検出されないこと
-
0.003以下
検出されないこと

硝酸・亜硝酸性窒素

-
10以下
10以下
-
100以下
10以下

1,4-ジオキサン

0.05以下
(※11)
0.05以下
0.05以下
-
0.5以下
0.05以下

-
-
-
125以下
-
-


(※3) 1,1-ジクロロエチレンの基準値が、土壌環境基準で0.02mg/lから0.1mg/lへ緩和され、平成26年3月26日に公布及び施行されました。

(※4) 1,1-ジクロロエチレンの基準値が、水濁防止法の排水基準で0.2mg/lから1mg/lへ、浄化基準で0.02mg/lから0.1mg/lへ緩和され、平成23年10月28日公布、平成23年11月1日に施行されました。

(※5) トリクロロエチレンの基準値が、地下水環境基準で0.03mg/lから0.01mg/lへ、水環境基準も0.03mg/lから0.01mg/lへ強化され、平成26年11月17日に公布及び施行されました。

(※6) トリクロロエチレンの基準値が、水濁防止法の排水基準で0.3mg/lから0.1mg/lへ、浄化基準も0.03mg/lから0.01mg/lへ強化され、平成27年9月18日公布、平成27年10月21日に施行されました。

(※7) 塩化ビニルモノマーの基準値が、土壌環境基準で0.002mg/lとして新規項目に追加され、平成26年3月20日に施行されました。

(※8) カドミウムの基準値が、地下水環境基準で0.01mg/lから0.003mg/lへ、水環境基準も0.01mg/lから0.003mg/lへ強化され、平成23年10月27日に公布及び施行されました。

(※9) カドミウムの基準値が、水濁防止法の排水基準で0.1mg/lから0.03mg/lへ、浄化基準も0.01mg/lから0.003mg/lへ強化され、平成26年11月4日公布、平成26年12月1日に施行されました。

(※10) 米重量に対する値。その他は田の土壌重量。

(※11) 1,4-ジオキサンの基準値が、土壌環境基準で0.05mg/lで新規項目に追加され、平成28年3月29日公布、平成29年4月1日に施行されました。

(※12) c-1,2-ジクロロエチレンの基準値が、t-体との和として改定し、平成31年4月1日に施行されました。


土壌汚染調査・対策なら−〔千葉県〕土壌汚染対策課サイトTOPへ
土壌汚染調査/対策
 土壌汚染とは

 指定区域の検索

 土壌汚染対策法(関連法) 仕組み

 土壌汚染に関する特定有害物質

 土対法の分析方法 溶出量 含有量

 特定有害物質の摂取リスク早見表

 特定有害物質による健康影響

 業種別に特定有害物質を検索

 (逆引き)物質→業種/用途を検索

 土壌汚染調査から汚染対策の流れ

 簡易土壌汚染チェック

 土壌汚染についてQ&A

 土壌汚染調査課の紹介
水文・水質の調査と機器計測
計測機器の紹介
このサイトについて
 企業概要

 お問合せ / 交通アクセス

 採用情報

 「アースビート」とは?

 プライバシーポリシー

 特定商取引に関する法律

 サイトマップ
放射線量計測調査
 放射線計測業務の受託のご紹介
 モニタリングデータ(リンク)
 放射線計測グッズ
 放射線の科学